北川綜合法律事務所

お気軽にご相談ください ご相談予約

中国語契約書作成 北川綜合法律事務所

契約書、許認可関係書類の作成・レビュー

中国との取引における契約書は、日本語・中国語・英語が堪能な翻訳家が契約書を翻訳すれば足りるでしょうか?

いいえ。まず、契約で使用される用語・文章は、いわゆる日常会話等とは自ずと異なります。法的専門知識のない者がこれを翻訳・作成する場合には、そもそもその用語の特殊性から翻訳自体を誤る可能性や、また、単に直訳をしただけでは、当該用語・文章により生じる法的効果が異なる結果を招く可能性さえあります。

加えて、法的専門知識、それも国際取引的な視点からの法的専門知識があって初めて、中国・アジア各国の国際進出及び国際取引に関する各種契約書の法的リスクの発見が可能となり、それに応じた各種書面の作成・翻訳・修正が可能となるといえます。

さらに、各国において特有の法的規制の存在については、現地弁護士・現地法律事務所との協力体制のもと、そのリスク・実行可能性を検討する必要があるといえます。

弊所では、国際ビジネス契約に精通した弁護士が、最新の法律事情に精通した現地弁護士・現地法律事務所との協力体制の下、将来的な紛争予防等の観点から、貴社に利益となる契約書等の作成、あるいは相手方より送付された契約書等のレビュー・修正を行い、貴社のビジネスの成功をサポート致します。


国際取引に関する契約作成・レビュー実績の一部




日本語版・中国語版の双方を作成致します

弊所に中国語契約書の作成をご依頼頂いた場合、基本的には、日本語版・中国語版の2つの言語版を作成致します。
これにより、ご依頼者様は、日本語にてストレスなく契約内容をご確認頂くことが可能となります。
作成の流れとしましては、まず、日本語版にてご要望を盛り込んだ形での契約書を作成し、内容を確定 → その後、確定した日本語版契約書を基に中国語版契約書を作成致します。


必要に応じた英文契約書の作成

中国・香港企業との取引においては、中国語の契約書と併用して、或いは端的に英文契約書での契約締結を行うシーンもあるところです。

弊所では、中国語契約書の作成・レビューに加えて、英文契約書の作成・レビューにも対応しております。
英文契約書の作成に通じた弁護士がしっかりとお手伝いさせて頂きます。


お気軽にご相談ください ご相談予約


契約書作成ご依頼の流れ





対中取引における契約締結時の注意点:十分な契約作成・締結スケジュールを設定すること

契約書の作成にあたっては、国際取引上の問題点を踏まえ、理想の条項・契約書内容をしっかりと作成すべきであることは当然ですが、そのようにして、理想的な契約書を作成したにもかかわらず、契約締結交渉において望ましくない条項を含んだ契約の締結に至る事例もみられます。

もちろん、これがビジネス上の合理的な判断として、当該条項は譲歩しても取引を進めたいという冷静な検討の結果である場合には問題はないのですが、「延々と交渉が終わらない」、「精神的にもハードだ」等の点が少なからず影響を与え、半ば諦めのような形で先方の提示条項に同意してしまうケースもあるように見受けられます。

重要なことは、上記のような事例が存在することも意識しつつ、契約締結交渉はハードになるという事前の心構えをもって、粘り強く諦めずに契約締結交渉を行うことといえ、粘り強い交渉を可能とするためにも、契約作成から交渉・締結に至るまで十分な期間が取れるようスケジュール設定を行うことも重要であると考えられます。

お気軽にご相談ください ご相談予約

北川綜合法律事務所 Kitagawa Law Office 〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 5F TEL:03-6869-9881 FAX:03-4333-0767
北川綜合法律事務所オフィシャルサイト: HOME | 事務所紹介 | 取扱分野 | 弁護士紹介 | ご相談予約
Copyright c 2011 Kitagawa Law Office.All Rights Resaerved.